センターのプログラムについて



1.選択プログラム

① ヨガプログラム

体力・柔軟性向上、筋力増強、筋収縮と呼吸法によるリンパや血流の改善、呼吸法・瞑想によるリラクゼーション・ストレス解消を図る。

② リズム体操プログラム

有酸素運動を通して心肺機能・全身持久力の向上、また、リズムに乗って楽しく身体を動かすことにより心身のリフレッシュを図る。



③ スポーツプログラム

体育館でスポーツを楽しみながら体力増進、身体機能の維持・改善、協調性の獲得を図る。 卓球、バドミントン、風船バレー、ダーツ、ボッチャ等を実施し、障がい者スポーツを推進している。

④ 水泳・水中歩行プログラム

水中環境の特性を活かし運動を行うことで、リラクゼーション、体の安定性・バランスの向上、関節可動域の拡大、体力・持久力の向上を図る。 アクアエクササイズ(水中歩行、水中リズムプログラムなど)を実施する。



⑤ 農園芸プログラム

農業従事者の社会復帰、農作物や植物を育てることによる生きがいや家庭での役割の発見、農作業によるフィットネス向上を図る。 季節ごとに収穫祭を行い、メンバーで喜びを共有しコミュニケーションを図る。

⑥ 音楽プログラム

楽器演奏による認知機能改善、音楽によるストレス解消、歌唱による肺活量増進、他メンバーとの協働作業による社会性維持向上、 趣味・生きがいの再獲得を図る。歌、楽器演奏、音楽鑑賞などを行う。演奏会等で披露する。




⑦ 木工プログラム

建築業者の復職、手指巧緻性や体幹バランスの向上、趣味・生きがいの再獲得を図る。 生活に必要な棚や箱の作製、破損した備品の修理や施設の営繕を実際に行う。

⑧ 写真プログラム

カメラマン、写真撮影・編集業務従事者の社会復帰、趣味の再獲得、作業遂行能力向上、他メンバーとの協働作業による社会性維持・向上を図る。プログラム紹介用写真撮影、年間アルバム作成、バースデーカード作成、行事等の写真撮影などを行う。




⑨ 認知トレーニング

麻雀・将棋やゲームを通して、脳の情報処理能力を高め、体幹・上肢・手指巧緻動作能力・注意力・集中力の向上を図る。 囲碁・将棋・オセロ・麻雀・テレビゲーム・テーブルゲーム等を行う。

⑩ 旅行プログラム

「障がいがあっても旅行は楽しめる」ことを経験し、活動意欲や企画遂行能力の向上を図る。旅行先の調査・移動手段、方法など・企画をメンバーで行い、公共交通機関を利用して実際に旅行をする。



⑪ インテリアプログラム

活動性の向上、趣味の開発、企画遂行能力の向上、他メンバーとの協働作業による社会性の向上を図る。 センター内の壁・作品展示などのコーディネート、花・観葉植物の設置、季節(行事)の装飾などを行う。

⑫ 釣りプログラム

非麻痺側上肢でえさを取り付け、体幹バランスを保ち、海釣りやルアー釣りなどを行う。趣味の再獲得、企画遂行能力の向上を図る。



⑬ ステンシルプログラム

手指巧緻性、活動意欲の向上、趣味・楽しみの開発・再獲得を図る。





2.応用プログラム


館内清掃プログラム

障がい者就労で求人の多い清掃作業を施設内で実践し就労へ進める。メンバー同士で作業を計画することで、主体性・自主性の促進、社会性向上や脳の活性化を図る。

就労前プログラム

実際の就労に必要な基本知識の習得、能力向上を図る。外部事業所から受注した作業を行ったり、事務作業、生産作業を行う。職場実習、障がい者職業センター、就労関連事業所の見学、バースディパーティー企画などを行う。



単身生活プログラム

退所後の単身生活にむけて、模擬的な独居生活体験を行う。自立生活を行う上での問題点や課題を明確化し、それをリハビリテーションで解決し、安心して単身生活に移行することを目的とする。





|