平成29年度利用者満足度調査報告

Ⅰ. 調査の概要

 1.調査の目的
   本調査は、福岡県障がい者リハビリテーションセンター(以下「センター」という)が提供している福祉サービスが、
  真に利用者のためのサービスになっているかを確認するために実施し、利用者の要望や不満を明らかにし、
  今後の福祉サービスの質の向上を図ることを目的とする。

 2.調査の対象
   センターが提供している福祉サービス、「自立訓練(機能訓練)」「自立訓練(生活訓練)」「施設入所支援」の何れかを利用している、
  平成29年 9月14日現在の利用者を調査の対象とした。
   調査対象者数は78名で、その内訳は、自立訓練(機能訓練または生活訓練)と施設入所支援の利用者が67名、
  自立訓練(機能訓練または生活訓練)のみの利用者が11名となっている。

 3.調査方法
   調査実施については、リハ講座の時間帯を利用し、調査対象者全員に調査票を配布して調査の趣旨および内容を説明し、
  調査票に記入後、設置した回収箱に投函してもらった。

 4.調査期間
   調査期間は、平成29年 9月 14日(木)から平成29年 9月26日(火)までの12日間とした。

 5.調査票の回収状況
   調査対象者数78名のうち、回答者数は57名で、回収率は73%であった。
   なお、回答者57名のうち、自立訓練(機能訓練または生活訓練)と施設入所支援の利用者は47名、
  自立訓練(機能訓練または生活訓練)のみの利用者は10名であった。




|